本文へ移動

社会保険労務士(社労士)とは

こんな仕事をします

「社会保険労務士って、どんな仕事をするんだろう」
 「社会保険労務士」という言葉をお聞きになられて、どのようなイメージをもたれるでしょうか。
 私は、「就職したときや、退職するときに、いろいろ手続きをするんだろうな 」ということくらいのイメージしかもっておりませんでした。しかし、ふとしたきっかけで、社会保険労務士(社労士)の受験勉強に取り組むこととなり、受験勉強を通じて、「社会保険労務士(社労士)」はさまざま仕事の取り組むのだということを理解しました。社会保険労務士(社労士)の使命は、会社(事業所)の職場環境をよりよいものとし、使用者、労働者ともに働きやすい環境で、それぞれの能力を存分に発揮して、「会社(事業)の健全な発達」と「労働者等の福祉の向上」に資して、ひいては日本経済の発展に貢献することだと認識しております。
社会保険労務士の業務には1号業務、2号業務、3号業務とあります。
それぞれの業務内容を簡単にお示ししますと、
「1号業務」とは、労働基準監督やハローワーク(公共職業安定所)、年金事務所への書類の届出の業務、「2号業務」とは、就業規則の作成・改定、賃金台帳その他諸規程の作成・改定、賃金台帳の調製など、「3号業務」とは、労務管理に関する相談指導の業務(コンサルティング業務)となります。
このうち、報酬を得て1号業務 2号業務ができるのは社会保険労務士だけになります。
 私が取り組みたい業務については、以下のとおりです。
(当事務所が取り組みたい業務内容)
・就業規則の作成、チェック、改定の業務
・賃金規程の作成・チェック、改定の業務
・ハラスメント対策規程の作成
・「同一労働同一賃金」の支援の業務
・介護事業所の労務管理
・「介護職員処遇改善加算・介護職員等特定処遇改善加算」の届出等の業務
・労務管理に関する相談指導の業務
なかでも、「介護事業所の労務管理」については、私自身が28年間、特別養護老人ホームに勤務していた経験から、特に自信があります。
お気軽にお問い合わせください。

   令和 2年 5月 1
  社労士事務所オフィス マツムラ
  代表 社会保険労務士・社会福祉士・ケアマネジャー
   松村 貴之
 

社労士事務所オフィス マツムラが取り組みたいこと・得意なこと

社会保険労務士の仕事は多岐にわたりますが、「ご挨拶」にお示ししていますとおり、私は、28年間、特別養護老人ホームに勤務し、生活相談員(社会福祉士)・ケアマネジャーとして業務を行っておりました。
したがいまして、介護事業所さまが慢性的な人手不足の状態にあり、そのことに起因して労務管理上の問題を抱えていることも、認識しているつもりであり、「このようにすれば職員の職場定着率もよくなり、ワークライフバランスも保つことができるのではないか」という考えも持ち合わせています。
介護事業所のパートナーとして、ともに考え、介護分野の発展に貢献いたします。
 
社労士事務所オフィスマツムラ
〒853-2201
長崎県五島市奈留町浦1667番地
TEL.090-7164-7396
FAX  0959-64-2654
mail: info@matsumura‐ syaroushi. jp
【対応エリア】
五島市、新上五島町、長崎市、福岡市 ほか全国 ご訪問 電話メールZOOMにてご相談承ります。(年末年始年始は休ませていただきます) 
TOPへ戻る