本文へ移動

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金とは

概要

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金とは
新型コロナウィルス感染症及びそのまん延防止の処置の影響により休業させられた中小企業労働者のうち、休業中に賃金(休業手当)を受けることができなかった方に対して、当該労働者の申請により、新型コロナウィルス感染症対応休業支援金・給付金を支給することとなっています。
ただし、「まずは、雇用調整助成金の活用をご検討ください」とされています。
→休業手当を受け取れなかった労働者(個人単位)の申請が可能となっております。

対象者

「令和2年4月1日から9月30日までの間に事業種の指示を受けて休養(休業手当の支払いなし)した中小企業の労働者」が対象となっています。

支援金額の算定方法

休業前の1日当たり平均賃金×80%
①1日当たりの支給額(11,000円が上限)
×
(各月の日数(30日または31日)ー 就労した又は労働者の事情で休んだ日数)
②休業実績
 

手続内容

①申請方法:郵送(オンライン申請も準備中)
(労働者本人からの申請のほか、事業主を通じて、まとめて申請することも可能です。
②(ⅰ)申請書(ⅱ)支給要件確認書※
(ⅲ)本人確認書類(ⅳ)口座確認書類(ⅴ)休業開始前賃金及び休業期間中の給与を証明できるもの
※事業主の指示による休業であること等の事実を確認するもの。事業主及び労働者それぞれが記入の上、署名。
※事業主の協力を得られない場合は、事業主記入欄が空欄でも受付(この場合、法律に基づき労働局から事業主に報告を求める)。以上のようになっています。

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金に関するQ&A

正社員でなくとも給付金は受け取れますか
会社の協力や許可は必要でしょうか
完全な休業でない(隔週出社など)場合は給付金を受け取れませんか
返還は必要でしょうか
申請期限はいつまででしょうか

オフィスマツムラでできること

社労士事務所オフィス マツムラでは事業主、個人に関わらず新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の申請をサポートいたします。実は対象者ということもありますので、ぜひ一度ご相談ください。皆さまが適切な補償を受けられますようサポートさせていただきます。
社労士事務所オフィス  マツムラ
〒853-2201
長崎県五島市奈留町浦1667番地
TEL.090-7164-7396
FAX  0959-64-2654
mail: info@matsumura‐ syaroushi. jp
【対応エリア】
五島市、新上五島町、長崎市、福岡市 
その他エリアは 電話メールオンラインにてご相談承ります。
(年末年始のみ休ませていただきます) 
TOPへ戻る